英語教室について

英語教室に通えば英語は話せるようになるのか?

英語教室に通えば英語は話せるようになるのか?

タイトルの答えは、NOです。

英語教室に通ったからと言って、英語は話せません。これはハッキリしてますね。もしそれが間違いなら、今頃日本人は皆英語を話せているだろうし、英語教室は大繁盛しているはずです。

そもそも英語教室は、会話の為に通うというよりは、英語に慣れ親しませ、就学後の英語の授業にスムーズに入っていける下地作りかなと自分は思います。

ただ、世の中にはそこを勘違いされている方が多くて、英語教室に通えば英語を話せるという誤解はなくならないだろうと考えます。英語教室で教える英語の言い回しは、とかく面倒で遠回しで、ネイティヴならまずそんな言い方しませんよ、というのが多いですね。

基本からきちんとしようというのは、日本人の英語習得にはデメリットばかりじゃないかなという気はします。

英語は習うのではなく「慣れる」というのが正しいと思います。

そういう意味では、英語教室に通い、英語に慣れ親しむというのは有効だと思いますが、先述した通り、英語を話せるようになりたいというのなら、英語教室に通ってもあまり意味はないですね。

結論を言うなら、英語を話せる様になりたいなら、とにかくネイティヴと話す事です。知っている単語を並べるだけでも案外通じるものです。英語教室は、その下地作りとして考えるのが良いでしょう。

英語学習は幼少期からがオススメされる理由

英語学習は幼少期からがオススメされる理由

グローバル社会が進み、より多くの国際的な人材が求められるようになりました。国際的に活躍するには必須となる英語、大人になってから習得するのは至難の技と言われています。そこで、ここでは、幼少期からの英語学習のメリットについてご紹介します。

まず最初に、英語学習にとってとても大事な英語の発音ですが、大人になってから勉強を始めるとなかなかアクセントが強い英語になってしまったり、何度練習しても発音できない単語などがでてきてしまいます。それは、大人にはもう日本語の発音方法がしっかり身についてしまっているからです。しかし、子供のころから英語の発音練習を繰り返し行っていると、それがまるで母国語のように自然に身につきます。一度身についた英語の発音は、なかなか忘れることができません。ですので、大人になっても綺麗な発音の英語を話せるようになるのです。

次に、子供のころから英語に触れていたり、英語に興味がある子供は、選択肢が大きく広がります。例えば、小学校中学校のころからの語学留学や、海外旅行だって怖くありません。同級生が学校で英語を習い始めるころには、他の子と大きな差があるため、学校の英語の授業でもいい成績をおさめることができるでしょう。海外の大学に進学するということも可能です。

英語を話せるということで、子供さんの可能性を広げてあげることが可能です。お子様の習い事に、英語教室を選んでみてはいかがでしょうか。

グループレッスン形式の英語教室特徴

グループレッスン形式の英語教室特徴

色々な人と会話しながら英語力を高めたいという人におすすめなのが、グループ形式でレッスンを行っている英語教室です。

グループレッスンでは基本的に講師一人と数人の生徒というグループの中で英語でのやり取りをしながらレッスンが進んでいきます。そのため、生徒同士がお互いに刺激し合いながら英会話のスキルを高めていくことができます。

また、他の生徒の発言を参考にしながら、色々な英語の表現方法を参考にできたり、他の生徒の語学力を目標としてモチベーションを高めたりすることもできます。更に受講料もマンツーマン形式のレッスンに比べて割安に設定されている場合が多いので、手軽に英会話の習い事にチャレンジすることができます。

ただし、生徒間の語学レベルに差がある場合は、レッスンの速度に影響が出るケースがあったり、あまり気の合わない生徒と一緒になってしまうと気分よく受講できなかったりするケースもあります。また、英語で話すことができる時間はあまり多くないため、リスニング力は伸ばしやすいですが、スピーキング力の上達には時間がかかるかも知れません。

グループレッスンは、基本的に人と接するのが好きであったり、失敗を気にせずに積極的に会話を楽しめる性格の方が適しているでしょう。

英語教室は英語に関心を持たせるのに最適

英語教室は英語に関心を持たせるのに最適

英語が小学校で必修化されることが決まり、英語教室に注目が集まっています。多くの保護者は英語教室に通わせることで、自分の子供が英語を話せるようになることを期待しているようです。

たしかに、英語教室の多くは英語でコミュニケーションを取ることを重要視しているところが非常に多いです。英語でコミュニケーションを取ることは現在の学校教育ではほとんど行われておらず、英語教室だからこそできる教育と言えるでしょう。学校で学んだ英語を実際に使ってみることで、英語がコミュニケーションツールであることを子供が実感し、英語に対する学習意欲を高めることが期待されています。

また、自分が話した英語が外国人に伝わる経験をすることで、自分自身に自信を持てるようになり、自己肯定感が高まるでしょう。今の日本ではなかなか英語でコミュニケーションを取る機会がなく、「なぜ英語を学ぶのか」「自分の英語は通じるのか」などの悩みが生じやすい環境にあります。しかし、英語教室に通うことで、英語でコミュニケーションを取る経験ができ、子供たちにとって良い影響が出ることが予想されます。気になる方は、ぜひ、近くの英語教室を覗いてみてはいかがでしょうか。

独学よりも英会話教室に通うことで英語が上達する

独学よりも英会話教室に通うことで英語が上達する

わざわざ高いお金を払って英語教室に通わなくとも、英語を独学で習得したという方も多いでしょう。確かに、独学でも英語を話せるようになることは可能です。

しかし、その高い授業料を払っても英語教室に通うことには大きなメリットがいくつもあります。そのメリットを2つ紹介させていただきます。

1. 高いお金を払ったのだから行かなくては!という気持ちになる

語学を習得することは簡単ではありません。独学で学習していると、自分が本当に上達しているのかも分からず、英語学習に嫌気がさすことも多いでしょう。そんな時に独学では挫折しがちですが、英語教室に高い授業料を払っていれば、その料金を捨てることを躊躇し、先生も自分のことを待っているのでクラスに行かなくてはという気になるでしょう。
挫折しがちな語学習得ですので、何かくらスに行かなければならない理由ができるというのもメリットでしょう。

2. プロに最適な学習方法を教えてもえる

英語教師はただ単に何も考えずに英語を教えているわけではありません。語学の教授法は実はとても奥深く、英語の先生たちはどのように英語授業を進めるべきかなどを知っているプロであるはずです。独学で自分の方法で学習を進めていくよりも、先生が考えた最適な学習方法で語学を学んだ方が上達が早いのは当然です。

以上、今回は独学よりも英会話教室に通うことのメリットを2つ紹介しました。

子供を英語教室に通わせたいと思った時

子供を英語教室に通わせたいと思った時

幼稚園に入る頃になると、まわりで習い事を始める子供達が少しづつ増えていきます。

水泳、運動、ピアノ、英語など。

その中でも、英語は小さい頃から英語を耳にしたり、聞くことによって、身につきやすいと聞き、子供に習わせたい習い事の一つだったりします。
私の友人の子供も、幼稚園の年少の頃に英語の体験教室に何件か行き、英語を習い始めました。

こないだ、motherとその子が英語を口にしているのを耳にしましたが、やはり英語を習っているだけあり、発音がとってもよく驚きました。
外人の先生に習うか、日本人の先生に習うかも悩むところですが、実際に体験教室に行ってみたりしながら、子供が楽しんで通える所が良いと思いました。
英語も月謝だけでなく、年会費や教材費もかかってくるので、家計からどのくらいなら英語教育に費やせるのかをはじめに考えておくと良いと思いました。

この先、子供が英語だけでなく、塾にいったり、スポーツをやるかもです。
兄弟がいれば、習い事にかけるお金も増えていきます。
英語は、地域のカルチャー講座などで低価格で学べたりもするので、あまり費用がかけられない場合は調べてみるのもいいと思います。
また、今はインターネットなどで自宅にいながら英語を学ぶことも可能なので、他の習い事で忙しい場合は、そのような方法を考えることもできますね。